マンション購入経験者が語る:最上階は、冬は寒くて、夏は暑い

マンション購入にあたって、お金に余裕があれば最上階を買いたいと思う方も多いと思います。

  • 一戸建てと比較して、マンションは、冬は暖かくて、夏は涼しい

マンションは、一戸建てと比較して、冬の暖かさは格別です。晴れた日の日中ならば、暖房不要です。これは、上下左右が住戸に囲まれているので、外気の影響を受けにくいからだそうです。私も一戸建ての家で育ったのですが、実家に住んでいたときに2階の自分の部屋よりも一階の茶の間や台所の方が暖かかったので、マンションは、外気の影響を受けにくいというのは実感しています。

  • 最上階は、冬は寒くて、夏は暑い

最上階の角部屋の場合、天井と壁2~3面が外と接していることになります。いくら断熱材が入っているとは言え、外気の影響は受けます。特に窓が多い部屋の場合、外気の影響を大きく受けます。
また、天井からも外気の影響を受けます。真夏日に照らされている屋上のコンクリートは、裸足では歩けいないくらいに熱くなっています。その熱せられたコンクリートの影響を直接受けているのが最上階の部屋になります。真夏のアスファルトに卵を落とせば目玉焼きが出来るくらい熱くなっているのは、皆さんもご存知だと思います。マンションの最上階も同じです。天井にも断熱材が充分に入っていれば問題ないですが、天井に断熱材が入っているマンションは少ないようです。従って、最上階は、真夏日の影響を大きく受けることになり、部屋全体の温度が上昇しやすいです。

他方、冬は寒いです。これも、外気の影響を受けているためです。そとの寒さが直接室内に入ってくるような感じです。

  • 最上階だけじゃ無い、冬は寒くて、夏は暑いルーフバルコニーの下の部屋

外気の影響を受ける部屋は、最上階だけではありません。マンションの形によっては、上層階に行くに従って、だんだん細くなっているようなデザインもあります。また、自分の部屋の真上は、上の部屋のルーフバルコニーなどと言うこともあります。上の階にルーフバルコニーがあり、ルーフバルコニーの下は、下の階の一部になっている場合、下の階のルーフバルコニーの下の部屋だけ、冬は寒くて、夏は暑い部屋になります。私が以前に住んでいたマンションも、私の家の部屋の一つが、上の階のルーフバルコニーでした。たまたま、角部屋だったことも有り、ルーフバルコニーの下の部屋は、窓が2面にありました。この部屋だけ、冬は寒くて、夏は暑い部屋になっていました。冬は、外気で冷え切った天井のせいで、天井から水滴が落ちてくることがよくありました。暖房のせいで暖められた空気が上昇し、天井に接すると、外気で冷やされた天井のせいで、天井が結露してしまうのです。窓が結露するのでは無く、天井が結露するのです。これにはびっくりしました。結露のお陰で、天井にカビは生えるは、天井の壁紙は剥がれるはで、大変なことになっていました。

  • ルーフバルコニーの下の部屋意外にも、冬は寒くて、夏は暑い部屋がある

ルーフバルコニーの下以外にも、部屋の上が、上の階の外廊下になっている場合も気を付けましょう。都心部の低層マンションに多いのですが、近隣の北斜線の関係で、マンションの北側が斜めになっているマンションも有り、北側は大抵廊下なので、上の階の廊下の下は、下の階の住戸になっていることもあります。