マンション購入経験者が語るポイント:シャワーヘッドホルダー

みなさんは、シャワー派ですか?お風呂派ですか?どちらの場合もシャワーを使うと思います。ちょっとしたことなのですが、使い勝手に差が出るのが浴室の設備の一つであるシャワーヘッドホルダー、シャワーヘッドフックなどと呼ばれているシャワーヘッドを引っ掛けておくものです。

  • オシャレなのは移動式だが、頻繁にシャワーヘッドを引っ掛ける位置を変える場合は、従来型が便利
    最近のちょっとオシャレな分譲マンションでは、ホテルのバスルームなどでよく見かける移動できるものが主流のようです。これは、シャワーヘッドの位置を上下できる優れものですが、結構不便だと感じています。人それぞれだとは思いますが、私は、朝の出勤前は、立ってシャワーを浴びます。夜は、風呂に入ります。風呂に入るときは、髪を洗う時も体を洗うときも浴室椅子(プラスチックの小さい椅子)に腰掛けています。もちろん、夜の入浴時もシャワーを使います。つまり、シャワーヘッドは、朝は高い位置にあった方が便利なんですが、夜は低い位置にあった方が便利です。このため、朝と夜でシャワーヘッドを引っ掛ける位置が変わるんです。シャワーヘッドを上下できるホルダーは、自在に位置を移動できるので、一見、優れものなのですが、実は、この移動が結構面倒くさいです。以前に住んでいたマンションでは、固定式の(昔ながらの?)フックが、高い位置と低い位置の2カ所に付いていました。シャワーヘッドは1つしかないので、いつもどちらかがフックだけという状態で、見た目は悪いですが使い勝手は良かったです。朝は、シャワーヘッドを上のフックに引っ掛けて、夜の入浴時は下のフックに引っ掛けるだけです。

  • 移動式は、面倒。特に小さいお子さんがいる家庭では。。。
    ホルダーの移動と固定は、シャワーを引っ掛ける部分の反対側のネジを緩めて移動、締めて固定するという仕組みになっているので、移動する際にしっかりとネジを緩め、固定する際にはしっかりと締めるということが必要になります。シャワー派でいつも高い位置に固定しておけば良いという方には関係ない話ですが、高い位置と低い位置に移動する機会が多い方にとっては、結構面倒な作業です。また、小さいお子さんがいらっしゃるようなご家庭でも、頻繁にホルダー位置を変更すると思います。このような場合も、移動式は不便かなと思います。小さいお子さんがホルダー位置を変更するのは難しいので、親御さんが毎日、移動してあげなくてはいけません。ホルダーを頻繁に移動すると固定具も早く傷みそうです。小さいことですが、是非、自分のライフスタイル(シャワー/入浴スタイル)を思い出して、マンション購入時のポイントの一つに入れるかどうか考えてみることをお薦めします。